熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2017年1月アーカイブ

コラム

2017年01月アーカイブ

4日間の東京出張

先週の火曜日から金曜日までの4日間、東京にて住宅リフォームに関するセミナーと、経営者向けのセミナーをまとめて受講して参りました。
特に、3日間にわたり開催されました日本経営合理化協会主催の「全国経営者セミナー」には、全国各地から中小企業の経営者が集まられ、700名の参加と聞きました。
会場は皇居の直ぐ近くの「パレスホテル東京」。住所が丸の内1-1-1。
まぁ私のような田舎者にとっては、すべてが驚くようなスケールでしたね。
170127 (2)

何しろ初めての参加でしたので、会場の「パレスホテル東京」がどんな所か知らず地図を片手にトボトボと歩いていると、さすがに方向音痴な私でも直ぐにたどり着くことが出来ました。
到着早々、会場の広さに驚愕致しました。

この広さです。(講演者の顔が豆粒くらいにしか見えません)
170127 (3)

私の席は特に後ろの方でしたので、講師の姿が肉眼でかろうじて見える程度で、
2台の大型スクリーンに映し出された状況を見ながら講義を受けさせて頂きました。

また講師の方も、時代を代表する経営者、若き起業家、先見の専門家、 広い視野の政治家、海外で活躍中の実務家など多方面にわたり、総勢30名以上の講師陣でした。

因みに講師陣は下記の通りです。
「日本経営合理化協会理事長牟田 學氏」
「ロート製薬 会長兼CEO山田 邦雄氏」
「ローソン 会長CEO玉塚 元一氏」「Forbes Japan 副編集長谷本 有香氏」
「元ジョンソン・エンド・ジョンソン社長 国際ビジネスブレイン代表新 将命氏」
「サントリーホールディングス 代表取締役副会長鳥井 信吾氏」
「マーケティングコンサルタント西川 りゅうじん氏」
「ジャーマン・インターナショナルCEOルース・M・ジャーマン氏」
「元日経トレンディ編集長北村 森氏」
「ディー・エル・イー代表取締役椎木 隆太氏」
「カワトT.P.C.代表取締役川戸 俊彦氏」
「CSN地方創生ネットワーク社長 野本良平氏」
「RIZAP 社長瀬戸 健氏」
「アミューズ 会長大里 洋吉氏」
「島根電工 代表取締役社長荒木 恭司氏」
「涙活 主宰寺井 広樹氏」
「絵本の読み聞かせ志茂田 景樹氏」
「アースホールディングス 取締役山下 誠司氏」
「真言宗総本山 丹法山成就寺 大僧正佐藤 法偀氏」
「東京都知事小池百合子氏」
「事業構想大学院大学 学長田中里沙氏」
「日本総合研究所 会長寺島 実郎氏」
「米国・TransHope Medical院長 医師・医学博士久賀谷 亮氏」
「経世論研究所 所長三橋 貴明氏」
「リアルネット 社長松本 剛徹氏」
「NPO法人ランチェスター協会 常務理事 研修部長 福永 雅文氏」
「ソウル五輪 シンクロナイズドスイミング 銅メダリスト 田中ウルヴェ京氏」
「サトーホールディングス 社長兼CEO松山 一雄氏」
「メンタリストDaiGo氏」
「湯佐和 社長湯澤 剛氏」
「アサヒグローバル 社長 久保川 議道氏」
「ゴール・システム・コンサルティング 社長村上 悟氏」
「現代美術家 クリエイティブディレクター原 神一氏」
「内閣官房参与 イェール大学名誉教授濱田 宏一氏(聞き手)経済評論家上念 司氏」

2日目には小池百合子都知事も講師としてお越しになり、非常に興味深い話を伺うことが出来ました。
170127 (4)

そうそうたる方々ばかりで、
これだけの講師の話を3日間で集中的に聞ける機会は滅多にないと思いました。
なかでも、スティーブ・ジョブスが実践し、Googleも採用している”最高の休息法”として今注目されている<マインドフルネス>に関する久賀谷亮氏の講話や、ソウル五輪銅メダリストの田中ウルヴェ京氏の<感情を操る力=コーピング>は非常に興味深かったですね。
他にも、メンタリストDaiGo氏、RIZAPグループ社長瀬戸健氏の話もとても面白かったです。

メンタリストのDaiGo氏を携帯のカメラで最大限に拡大して撮ってもここまででした。
170127 (5)
スクリーンに映し出された姿
170127 (6)

3日間でこれだけのセミナーを欲張って受講しましたので、さすがに頭がぼーっとなりました。
2日目などは、朝8時からの早朝講話から始まり、夜8時までの最終講義までもれなく受講しましたので、宿泊ホテルに着いたらバタンキュウ。
これだけ集中して学ぶのも学生時代以来でしょう。。。(笑)

また余談ですが、昼食が用意されていましたので弁当を食べていると、たまたま隣りに座られた方が宮城県の住宅会社の方と分かり、東北大地震の復旧の行方について伺い、熊本も同じような流れになるのではないかとアドバイスを受けることができ感謝しています。

それにしても、この全国経営者セミナーは今回で133回目の開催との事。
これだけ沢山の経営者が全国から集まり、毎回熱心に継続して学ばれていることに驚くと共に、見習わなければと思った次第です。

date:2017/01/30 (月)

ページの先頭へ

11年前に施工した外付ホールダウン金物

今から40年ほど前に当社で建てたお家です。
延べ床面積45坪、2階建て。
新耐震規準前の建物で、お施主様からのご依頼で11年前に耐震診断をしておりました。
その際、外部に外付ホールダウン金物を6カ所取り付けていましたが、
その1カ所がこの度の熊本地震を受け、このように損傷を受けました。
170123 (4) 170123 (5)

ちょうど2階の隅柱直下で、かなりの引き抜き力が加わったことが予想されます。
もし外付ホールダウン金物を取り付けていなかったら、柱が土台から抜けて建物が大きく傾いていたかもしれません。

他の5カ所に損傷はありませんでした。
170123 (6) 170123 (3)

現行規準では、ホールダウン金物を計算結果に基づいて取り付けるようになっていますが、
40年前の当時の規準には有りませんでした。
今回の熊本地震で倒壊した住宅の多くが新耐震規準前の建物で、
このような形で大きな引き抜き力がかかって柱が土台から抜けています。
特に、建物の四隅の柱で引き抜き力が大きいので注意が必要です。

170123 (2)

このまま改修して住むことも可能ですが、
家が大きいので相当な費用が掛かることが予想されます。
またお施主様からも「今は世帯人数も変わり2階をほとんど使っていないので、
こんなに広くなくても良い」とのご要望も有り、
結果的には、今の家族構成にあった小さな平屋に建て替えられることになりました。

今の家は私の父の時代にお世話になり、今度の建て替えは私がお世話になることになりました。
父子2代にわたり家づくりに携わらせて頂き、本当に感謝している所です。
いい家をつくって、恩返ししたいと思います。

date:2017/01/23 (月)

ページの先頭へ

現場レポート・・・S様邸棟上げ

IMG_3338_R

S様邸は、1階 96.05㎡(29坪)、2階 46.37㎡(14坪)、
合計で延床面積 142.42㎡(43坪)のお家です。

外観はこんな感じになります。
スタディ模型です。
IMG_3917_R IMG_3935_R IMG_3911_R

設計は内田さん、現場は草津君が担当します。
内田 設計 一級建築士_R 草津 工務 一級建築施工管理技士_R 

S様との出会いは、今から3年ほど前に八代にて開催致しました完成見学会でした。
当時、他社で検討されていましたが、間取りが思うようにいかず悩まれていました。
お話ししてみると、S様は不動産の仕事をされていて、住宅会社も色々とご存じでした。
その中で、当社が気になり見学会にお越しになったとの事。
仕事柄、住宅に関する知識も豊富で、
見学会場では、家の話と言うよりは、私の方から”良い土地がありませんか?”と逆にお尋ねして終わったように記憶しています。。。(笑)

その後、お客様の土地を探して頂いたりしながら長いお付き合いが始まりました。
途中、熊本地震に見舞われましたので伸び伸びとなりましたが、無事に棟を上げることが出来ました。

date:2017/01/22 (日)

ページの先頭へ

アントルメ菓樹さま屋根緑化計画の、その後

一昨年12月8日のコラムに、「アントルメ菓樹さま屋根緑化計画」を書いていましたが、
その後の状況です。

工事直後の9月の段階ではこの状態でした。



4ヶ月後の1月8日

昨年は、寒いなかに草花が咲き誇っていました。
IMG_3241_R
IMG_3240_R
IMG_3238_R 

1年と約4ヶ月後の1月10日の状態がこちらです。
170119 (1)

外構も出来上がり、良い雰囲気になっていました。
ただ残念ながら、草は生えていますが花はすっかりなくなっていました。
また種をまいた方が良さそうです。

前回のコラムで書きました通り、
「工事としては、屋根に防水の下地を作り、土壌マットを敷きます。
その中に植物の種が入っていて、しばらくすると発芽して草が生え花も咲きます。
タネは色々な種類のものが混ざっていて、乾燥に強い草丈の低い1年草と多年草が混合さ
れています」という状況です。

お店も正月向けに模様替えしてありました。
一昨年秋の店舗改装の設計を担当した内田さんと記念撮影
170119 (2)


外回りはこんな感じです。
170119 (4)
170119 (5)
170119 (3)

date:2017/01/19 (木)

ページの先頭へ

新年名刺交換会

熊本県建設産業団体連合会の新年名刺交換会に出席致しました。
IMG_3293_R
会場はホテル日航熊本。
テーブルの数からして500名近くはいらっしゃるのではないかと思いました。

熊本県建設産業団体連合会は、熊本県内における建設業及び建設業に関連する産業における緊密な協力関係を確立し、建設産業の総合的な改善発達を図り、もって公共の福祉の増進に寄与することを目的として活動している連合会です。

どちらかというと、公共工事や、ビル主体の大型工事を手がけられている会社がほとんどで、
この度の熊本地震を受け、震災直後から熊本のいち早い復興のために活動してきた会社ばかりです。

来賓挨拶も多く、11名もいらっしゃったので乾杯がいつ始まるのかとヤキモキ致しました。。。(笑)

乾杯の後は、食事する間もなく、みなさん直ぐに立ち上がって挨拶回りが始まりました。
席に戻ろうとすると、あちこちから呼び止められ、気づいたら終わり。
結局、ほとんど食べる暇も有りませんでしたので、パンを購入して帰途に就きました。

IMG_3298_R
IMG_3304_R

みなさん熊本地震復旧の件で持ちきりで、職人不足でどうにもならないと口々に話されていました。
やはり職人不足はどこも同じ。
限られた人的資源を如何に活用して復旧を進めていくかが、私たちに与えられた責務だと感じた次第です。

date:2017/01/13 (金)

ページの先頭へ