熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2017年7月アーカイブ

コラム

2017年07月アーカイブ

股旅社中の総会に参加。

先週、股旅社中の総会に参加してきました。

股旅社中とは、
家具デザイナーと工務店と住まいに関するメーカーが
協働して新しい家づくりに取り組む活動です。


股旅社中[matatabi shachu]は、
家具デザイナーと工務店と住まいに関するメーカーが
協働して新しい家づくりに取り組む活動です。

住まい手と建築空間の接点となる家具、建具、さまざまな建築部品について、
既製品や従来の手法で満足できるものができなければオリジナル製品
の開発を行おうという前向きなデザイン実践活動です。

めざすのは、「手ざわりのいい家」、「住めば住むほど心地良くなる家」、
「隅々までていねいにデザインする家」です。

地域に根付き、
住む人に合わせた注文住宅を設計から施工まで顔が見える間柄でつくり上げ、

生涯にわたってきめ細かなアフターメンテナンスをほどこすといった特長を持つ
工務店ならではの家づくりの、さらなるレベルアップを探求します。

今までにないものを求め、
志を同じくする仲間としてたがいに研鑽し合いながら交流を深め、

開発力の向上、時間とコストの合理化、情報とノウハウの共有、
そして人材育成にこのチーム活動を生かしていきます。

詳しくはこちらのホームページをご覧下さい。
http://www.matatabishachu.com/

 
今回は家具で有名な大川で開催されました。

当社からは私と作村統括部長の2名で参加致しました。
前夜祭の様子です。

  挨拶をされているのが、鹿児島の(株)ベガハウス、八幡社長です。
  人を育てる為にこの会をつくりましたと挨拶されました。
170714 (1)

翌日は朝から境木工様の家具工場を見学。
説明されているのが、家具デザイナー村澤一晃さんです。
170714 (3) 170714 (4)

工場内を見学
170714 (5) 170714 (6) 170714 (7) 170714 (8) 170714 (9) 170714 (10)

からくりタンス
170714 (12)

作村さんが、どこをさわれば開くのか考え中。
170714 (11)

いまでもこんな伝統技術が残っているんだなぁと思いました。

その後、ダイケンにて総会が開催されました。
170714 (13)

総会では、これまでの全体活動報告や
今年度の活動内容について活発な意見交換が行われました。

後半は、デザイン競技会が開催されました。
股旅社中の理念である「人材育成と研鑽」を目的とし、
日頃の業務とも関連の深い「家具」をテーマとした企画です。

純粋なコンペというより、デザイン研究に近い取り組みでした。

各参加者、考えられた家具を提案され、レベルの高さに驚きました。
170714 (14) 170714 (15) 170714 (16) 170714 (17)

優勝は、愛知県の(株)イシハラスタイル、石原社長の作品でした。
すぐにでも実用化できそうな作品で、感心致しました。
170714 (18) 170714 (19)

股旅社中のメンバー工務店は、家づくりのレベルも高く、
当社も早く追いつけるように頑張らねばと思っている次第です。

date:2017/07/14 (金)

ページの先頭へ

思い出に残る ”地鎮祭”

昨日、朝から熊本市内にて地鎮祭を執り行いました。
大雨が続いていましたので予想はしていましたが、、、

豪雨に加え、突然の稲光と共に近くにカミナリが落ちたりして、
身の危険を感じるような状況でした。
とくに始まる直前が一番ひどく、どうなる事かと思いました。

地鎮祭の準備をしていた神主さんも、さすがにご心配の様子。
17071001 (1)

幸いテントを張っていましたので、
雨に濡れることはありませんでしたが、
式を執り行って頂きました神主さんも、
これまで1300件ほど地鎮祭を経験しているが、
こんな経験はあまりないと仰っていました。

地鎮祭の様子です。
雨に濡れないように、身を寄せ合って式に臨まれるお施主様ご家族。
17071001 (2)
 17071001 (4)

これはこれで、いい思い出になりました。
私も一生忘れることはないと思います。
「思い出に残る家づくり」の1ページを飾れそうです。

「雨降って地固まる」
お客様のご期待に応えられるような、
立派な住宅をつくりあげたいと思います。

「設計は風間さん、現場は有村君が担当します。

設計段階でのスタディ模型です。
170710 (1) 170710 (2) 170710 (3)

date:2017/07/10 (月)

ページの先頭へ

業務効率化に向けてのシステム導入研修会・・・三友安全協力会

当社では業務の効率化に向けて一つの現場管理システム
を導入することに致しました。
先日、その第1回目の安全協力会メンバー全員が対象の研修会を行いました。
170706 (2)

当日は、午前中に台風3号が熊本に最接近した日で、
被害もかなり出ていましたので開催を危ぶみましたが、
講師の方が遠方より来られている事と、
参加メンバーの再日程調整が難しくなることが考えられましたので、
そのまま決行致しました。

結果として、
台風3号の後始末があるなか、
ほぼ全員の方々に出席して頂き感謝しています。

研修の状況です。
170706 (1) 170706 (3)


三友スタッフが事前に研修を受けていましたので、

当日は協力会社さんの席を廻りながら
講師のサポートを行いました。。

みなさん意外に飲み込みが早く、
早速登録をして運用している現場
もあるようです。

現場の効率化が進むことを願っています。

date:2017/07/06 (木)

ページの先頭へ

まさかの台風3号

まさかこの時期に台風が来るとは思いませんでした。
このコラムを書いている、いま現在は風もおさまっていますが、
思っていた以上に風も強く、被害が無いか心配しています。

台風の進路予想で、熊本にきょう最接近するのが分かっていましたので、
昨日の朝から現場担当者は台風対策に終われていました。

有村君が、風で足場が崩れないように、
養生ネットを外して風の抵抗を少なくする作業を行っています。
170704 (5) 170704 (4)

このような台風対策を、
昨日朝から工務スタッフ総出で新築・リフォームすべての現場で行いました。

梅雨の大雨も大変ですが、まさかこの時期に台風が来るとは、、、
ただ台風の場合は地震とは違い、
天気予報で事前に対策が出来る分、まだましなのかもしれません。

被害が少ないことを祈りたいです。

date:2017/07/04 (火)

ページの先頭へ

梅雨の合間の地鎮祭

7月2日(日)、熊本市内にて地鎮祭を執り行いました。
雨を心配しておりましたが、思いの外、天気にも恵まれ幸先の良いスタートとなりました。

今回のお家は、延べ床面積22坪、平屋です。
熊本地震により思わぬ被災をされ、昨年の8月に建て替えを余儀なくされてのご相談でした。

地鎮祭は仏式で執り行われました。
宗派により儀式の内容も多小違いますが、
今回は臨済宗でした。

170704 (2) 170704 (1)

設計は内田さん、現場は草津君が担当します。
お客様のご期待に応えられるような、立派な住宅をつくらせて頂きたいと思います。

スタディ模型です。
170704 (6) 170704 (7)

date:2017/07/04 (火)

ページの先頭へ