熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2017年7月アーカイブ

コラム

2017年07月アーカイブ

今週7/29(土)、7/30(日)の2日間は、無料家づくり相談会を開催します。

ほとんどの人にとって、家づくりは初めてのこと。
何から取り掛かっていいのか戸惑うもの当然です。
一生に一度の大きな買い物といわれる家づくりですから、
疑問や不安もたくさんあるのではないでしょうか。
そして誰もが願うのは「悔いのない家づくりをしたい」ということです。
 
当社の無料家づくり相談会では、じっくりとお話しをお伺いして、
疑問や不安を解決するお手伝いをしています。
家づくりは専門的な部分も多く、
誰に聞けばいいのかさえ分からないこともあると思います。

「こんなことを聞いてもいいのかな?」
と思うことでも、家づくりに関することでしたら何でもご質問ください。
お話しをお伺いするのは、家づくりの専門家である一級建築士。
もちろん、後日の訪問や売り込みも一切ありませんので、
お気軽にお申込みください。
 
7/29(土)、7/30(日)、両日とも予約制で、時間は
①午前10時~、②午後1時30分~、③午後3時30分~
となっております。

なお、無料家づくり相談会は随時受け付けていますが、
事前予約制となっていますので、
ご希望日時をお電話「0120-146-983」、
またはメールにてお知らせください。

メールの場合は、
こちらの家づくり相談会ご予約フォームを利用されると簡単です。
https://www.sanyu-k.jp/soudankai/
どうぞ宜しくお願い致します。

date:2017/07/26 (水)

ページの先頭へ

災害情報共有システム研修会・・・熊本県建築協会

昨年の熊本地震、今年7月の九州北部豪雨、
いま現在も秋田では記録的な豪雨に見舞われています。

当社が所属する熊本県建築協会では、
台風・地震等による大規模な災害が発生した時、
熊本県や市町村等からの要請を受け、
被災した公共施設や民間の建物について被害情報の収集や
二次災害の防止など応急復旧活動を行っています。

災害情報共有システムというのは、災害が発生した場合に、
予め会社ごとに決められた複数の公共建物(建築協会会員の場合)
をパトロールして確認し、その被災状況をスマートホンなどで
タイムリーに報告するシステムです。

本日は私と作村統括部長が研修に参加し、
スマートホンの登録と使い方を学んで参りました。

  建築協会岩永会長の御挨拶
170724
  実際の研修風景(自分のスマートホンを操作しながらの研修でした)
1707241

実際の訓練は、8月8日(火)に実施され、
震度6強の地震により
熊本県及び各市町村の施設が損壊するなど大きな被害が発生。
被害は、県下全域に発生。
という内容で行われる予定です。

平成28年度熊本地震を踏まえ,電話回線が困難な場合を想定し、
携帯電話を活用したライン送信・メール送信による通報訓練となります。

date:2017/07/24 (月)

ページの先頭へ

「アイラブホームフェア 2017 in 熊本」が開催されます。

明日明後日の2日間、グランメッセ熊本にてアイラブホームフェアが開催されます。
日時:7月22日(土)10時~17時
7月23日(日)10時~16時
場所:グランメッセ熊本 
主催:越智産業株式会社 入場無料です。

グランメッセ熊本が昨年の熊本地震で被害を受け復旧工事が行われておりましたが、
この度、無事に完了し7月1日にグランドオープンを迎えました。
今回は、その展示ホールにて「アイラブホームフェア 2017 in 熊本」
が開催されることになりました。
熊本地震以降としては、県内初めての総合展示会です。
TOTO、パナソニックなどの有力住設メーカーが一堂に揃い、
各社のキッチンやユニットバスなどの水回り製品や、
各建材メーカーの床材、外壁材、屋根材など沢山の商品を
見比べることが出来ます。

170721 (1) 170721 (2) 170721 (3) 170721 (4)

様々な商品を1カ所で見る事が出来ますので、
家づくりをお考えの方にはとても便利な展示会だと思います。
当社も参加していますので、お気軽にお越し頂けると幸いです。

date:2017/07/21 (金)

ページの先頭へ

地鎮祭から上棟までの大まかな流れ・・・

今回ご紹介する事例は、先日、上棟したばかりのお家です。
ピアノ教室を併設された2世帯住宅で、延べ床面積50坪、2階建です。
設計は若松さん、現場は草津君が担当します。

先週、天候を見計らって無事に上棟いたしました。

完成予想パース
170720 (42)

Y様邸は、お施主様のご要望で柱はすべて「桧の4寸角」です。
断熱は外張り。
屋根、壁の断熱材にはアキレスのキューワンボードを使っています。
経年性能に優れた高性能硬質ウレタンフォーム断熱材で、
遮熱性能に優れた新タイプのアルミ箔を貼ってあります。
また、耐震面では制震装置ジーバを採用し、10箇所設置しています。

地鎮祭から上棟までの大まかな流れをご紹介します。

〇 地鎮祭
地鎮祭は、建物を建てる際に、
工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことをいいます。
170720 (1) 170720 (2)

〇 地盤改良工事
事前に地盤調査を行い、必要であれば地盤改良を行います。
今回は地盤改良工法として、ハイスピード工法(採石パイル)を採用致しました。
170720 (3) 170720 (4)

〇 基礎工事
・基礎をつくる為に地盤を掘削し、
   砕石を敷きつめてランマー(振動ローラー)で転圧し、地盤を固めます。
170720 (5) 170720 (6) 170720 (7) 170720 (8)
   砕石地業完了
170720 (9)
   地鎮祭の時に神社から頂いた鎮め物を家の中心に埋めます。
170720 (10)

・土壌防蟻処理
   ベタ基礎工事に入る前に、基礎下になる地盤面(砕石面)
   には土壌防蟻処理を行います。

   これによりベタ基礎下の土壌面から侵入してくる
   シロアリに対してバリアを作ります。
170720 (12) 

・防湿シートを全面に敷きつめ、地面から上がってくる湿気を予防します。
170720 (13)

・鉄筋を組み立てます。

   当社の場合は、鉄筋径が13㍉、タテヨコ15センチ間隔で配筋しています。
170720 (14) 170720 (16) 170720 (15)


・コンクリート打ち

   コンクリート強度は24N/㎜2。
   ベタ基礎の厚みが15センチ、外周部が30センチです。
   立ち上がり部分の厚みは、外張り断熱の場合、
   外周部が17センチ、内部が15センチです。

   コンクリートはベタ基礎部分と、立ち上がり部分と2回に分けて打ちます。
170720 (18) 170720 (22)

完成した基礎
170720 (23) 170720 (24)


・土台敷き込み

完成した基礎の上に土台を敷き込みます。
土台はヒノキ。
予め防腐防蟻(エコボロン)を行った上で敷き込みます。
170720 (25) 170720 (26)

・仮設足場設置
足場を先に設置して、作業の効率化と安全性を確保します。
170720 (27)

・建て方
1階床部分に構造用合板を敷き詰めます。
始めるにあたり、お施主様に建物四隅を御神酒で清めて頂きます。
1707201 (2)

まず柱を立てることから始まります。

柱はお施主様のご希望で、すべてヒノキの4寸角です。
お施主様に、記念に柱を立てて頂いている様子です。
17072002

順次、組み上げていきます。
170720 (30) 170720 (31) 170720 (32) 170720 (33)

2階の梁も格子状にガッチリ組んであります。
170720 (35)

170720 (36) 170720 (37)

途中、かなり省略しますが、
外張り断熱ですので、アキレスのキューワンボードを屋根面に取り付けた状態です。
ボード上の断熱材ですので、つなぎ目はすべて気密防水テープで目張りします。
170720 (38)

この上に通気胴縁を専用ビスで取り付けて、
厚み1.2センチの野地板(杉板)を張って、
防水の為のアスファルトルーフィングを貼ります。
170720 (39) 170720 (40) 170720 (41)

この上に瓦桟を取り付けて陶器の瓦がのります。
瓦は、三州の防災瓦で、台風が来ても飛ばないように全数ビス止めです。

以上が、大まかな地鎮祭から棟上げの流れです。
上棟式は、当社では日を改めて、もう少し工事が進んだ段階で行っています。

date:2017/07/20 (木)

ページの先頭へ

リフォーム産業フェアを視察

設計スタッフ3人(若松さん、下田さん、内田さん)、
工務スタッフ2名(吹春君、岩城君)を伴って
東京ビックサイトで開催されたリフォーム産業フェアを視察して参りました。

  毎年来ていますが、何度見ても東京ビックサイトは大きい!
170718 (3)

リフォーム産業フェアは、国内では最大規模の住宅関連の展示会で、
いまの住宅市場のトレンドや、技術・建材の最新情報を知ることができる
貴重な場です。
170718 (4)

このフェアには、毎年、スタッフを伴って視察に来ていますが、
今年は私を含め6名が参加。
170718 (2)

現地では各々が2日間にわたり、自分の興味がある展示ブースを熱心に廻りながら
情報を仕入れました。
170718 (1)

私はもっぱら、同時開催されました経営者向けのセミナーを
ハシゴして廻り、業界の第一線で活躍されている経営者方の
話を直に聞いて参りました。
非常に刺激を受けた2日間でした。

ここで学んだ事を今後の家づくりに活かして、
お客様のご期待に応えられるように頑張りたいと思います。

date:2017/07/18 (火)

ページの先頭へ