熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2019年1月アーカイブ

コラム

2019年01月アーカイブ

2019年1月号の会報誌、通算177号がやっと出来上がりました。

年末年始休暇が入るために1月号の発行は毎年今頃となります。
12月中に原稿を渡していればと、、、毎年反省!

今月号は下記の内容です。
・社長通信4ページ


・暮らしの工夫 1ページ

「ヒートショック」を防ぐための、5つの方法
 花のある暮らし


・家事上手、知って納得Q&A 1ページ

・去年を振り返って漢字一文字で 1ページ
 スタッフそれぞれの2018年を振り返った漢字一文字


・会社1~2月のイベント・休日カレンダー 1ページ


・チャレンジ2019(全スタッフの今年の抱負) 2ページ


以上、今月1月号は10ページの内容でお送りします。

この会報誌(通算177号)は、
これまでご縁があったお客様限定でお送りしています。
お待ちの皆様には数日中に郵送にてお届け出来ると思いますので、
どうぞ宜しくお願い致します。

date:2019/01/18 (金)

ページの先頭へ

新築住宅事例・・・子育て世代の「平屋の家」

今回ご紹介するお家は、外張り断熱で冬も暖かい平屋の家です。
設計は若松さん、工務は有村君、棟梁は右藤さんが担当致しました。

設計を担当した若松さん
豊富な経験と主婦目線の提案でお客さまからの信頼も厚いです。

現場管理を担当した有村君
仕事がキッチリしていて、とにかく気配り上手。
ただ最近、ちょっとお疲れモードかも?

棟梁の右藤さん
まじめで、ていねいな仕事をしてくれるので
当社スタッフからの信頼も厚いです。
その上、見ての通りのイケメン。


       家族がつながる快適動線
       収納たっぷり「平屋の住まい」

設計概要:一級建築士 若松恵子
LDKを中心に各居室につながる間取りは、
どこにいても家族の気配を感じることが出来ます。
また、広い小屋裏ロフトや趣味を楽しむダイニング続きのファミリールーム、
キッチンから目の届くスタディコーナー、段上がりの和室など、
ご家族のこだわりもいっぱい。
パントリーやシューズクロークといった収納も充実しています。

こんな感じのお家です。

リビング廻り
 

キッチン・ダイニング廻り


キッチンに立ったお母様から子どもさんの様子が見えます。

スタディルーム
子どもさんも落ち着いて勉強ができますね。

和室

玄関廻り
プライベート玄関

大きな小屋裏ロフト

 

date:2019/01/16 (水)

ページの先頭へ

熊本県建設産業団体連合会の新年名刺交換会に参加

9日(水)にホテル日航にて
熊本県建設産業団体連合会の新年名刺交換会が開催されました。

熊本県建設産業団体連合会は、熊本県内における建設業及び建設業に関連する産業における緊密な協力関係を確立し、建設産業の総合的な改善発達を図り、もって公共の福祉の増進に寄与することを目的として活動している連合会です。


久しぶりに出席致しましたが、

あまりの人数の多さにビックリいたしました。

県選出の国会議員の先生を始め、
国土交通省、熊本県、熊本市などの行政、
金融、建設関係者など、
ざっと名簿を見ただけでも500人以上の方が
出席されていたのでは?と思いました。

冒頭の来賓ご挨拶だけでも12名でした。
司会の方から“来賓12名の御挨拶があります”とアナウンスされると、
会場内はどっとどよめきました。。。(笑)

熊本県内の建設関連の会社が勢揃いした感じで、
会場内は新年の挨拶と互いの近況報告で熱気に満ちあふれていました。

どちらかというと、公共工事や、ビル主体の大型工事を
手がけられている会社がほとんどで、
熊本地震を受け、震災直後から復興のために活動してきた会社ばかりです。
相変わらず、みなさん口々に職人不足でどうにもならないと仰っていました。
昨年に続き、限られた人的資源を如何に活用して
復旧を進めていくかが私たちに与えられた責務だと感じた次第です。

date:2019/01/12 (土)

ページの先頭へ

三友工務店に長年勤めて頂いている総務Nさんのご自宅建て替え

Nさんは、私がまだ学生だった頃から三友工務店にお勤めで、
通称“三友工務店の生き字引”とみんなから頼りにされている存在です。
古いお客さまのことをよく記憶されていて、
昔のことはNさんに聞けば直ぐに分かります。

当社に入社されたのは昭和52年。
以来41年間にわたって私の父である先代社長、
そして私を支えて頂いています。

Nさん自身は早くリタイアーして、
第二の人生をゆっくりと暮らされたいと思われているようですが、
Nさんのまじめで、誠実で、几帳面な仕事振りを見ていて、
私が無理をいって引き留めている状況です。

そんなNさんのご自宅が熊本地震で被災し、
建て替えざるを得ない状況となりました。

Nさんは会社の忙しさを気にされて、
ご自分の家のことはつゆほども語られず仮設住宅にお住まいでした。

そんな中、昨年、家を建て直したいというお話しを初めて伺い、
スタッフ全員で応援することになりました。

本日は、その契約ということで居合わせたスタッフが
全員集まってNさんを囲んで記念写真を撮ることになった次第です。

契約書に私が印鑑を押しているところです。
有村君から間違えないようにと冷やかされながら、、、(笑)


会社に居合わせたスタッフが集まって、Nさんを囲んで記念撮影

設計は若松さん、現場は有村君が担当します。
コンパクトな間取りのなかに
設計を担当した若松さんのノウハウがぎっしり詰め込まれています。

スタディ模型は、
直接は担当していない内田さんが、
Nさんの為につくってくれました。

模型を見て思わず涙ぐまれるNさん

スタディ模型ですが、こんな感じのお家です。
 
ミニカーは、模型を作った内田さんのお気に入りで、
Nさんの車ではありません。。。(笑)

「まじめに、ていねいに、いい家」をつくって、
長年の恩返しをしたいと思います。

date:2019/01/10 (木)

ページの先頭へ

今年最初の「家づくり相談会」を開催します。

1月12日(土)・13日(日)の2日間
三友Styleスタジオにて「家づくり相談会」を開催します。

【日時】 1月12日(土)・13日(日)
①午前10時~ ②午後1時30分~ ③午後3時30分~
【場所】 三友工務店内 三友styleスタジオ

予約制となっておりますので、
まずはお電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。
メールでのお申し込みフォームはこちらです。
https://www.sanyu-k.jp/soudankai/

実際の相談会の様子です。

家づくりは殆どの人が一生に一度のことで、誰もが初心者。
そして、当然のことながら分からないことだらけです。
でも、ご安心ください。大丈夫です。
分からないこと、心配なこと、
家づくりに精通した有資格者が、分かりやすくご説明いたします。
 
〇 多いご相談事例
「家づくりを何から初めて良いか分からない」
「三友工務店で家をつくる場合、幾らくらい掛かるのか」
「三友工務店がどんな家をつくっているのか詳しく知りたい」
「家づくりの進め方や、最短でいつから着工できるのか知りたい」
「建て替えかリフォームかで悩んでいる」
などなど、色々なご相談を承っていますので
お気軽にご相談頂ければ幸いです。

新築からリノベーション、古民家再生まで
創業65年の当社だからできる、家づくりのご提案をさせていただきます。
また営業はおりませんので、お客様のご要望がない限り
相談後の訪問など一切行っておりませんのでご安心下さい。

 

date:2019/01/09 (水)

ページの先頭へ