熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2017年5月アーカイブ

コラム

2017年05月アーカイブ

エッグタイル・・・タマゴの殻で出来たタイル

当社スタジオの壁に張っているタイルです。
エッグウオール170530 (1)
エッグウオール170530 (2)
エッグウオール170530 (3)

日本エムテクス株式会社の製品で、
初めはサンプルを見て、たまごの殻で出来たタイルと聞いて不思議に思いました。
見た目の質感も良かったので、実際に会社1階スタジオの壁に張ってみると、
とてもナチュラルで上品な感じで私はとても気に入っています。

エッグウオール170530 (6)

吸湿性に優れていますので、スプレーで水を掛けても直ぐに吸い込んでしまいます。
エッグウオール170530 (10)

またタマゴの殻で出来ているので軽く、既存の壁にもそのまま施工できますし、
卵殻が持つ高い多孔質性によって、タイル内部に空気層ができているため室内
の暖められた熱を逃がしにくいというのも特徴です。

冬場触ってもタイルのように冷たく感じません。

製品も「プレーン」と「うずら」の2つのタイプがあり、大きさも2種類です。
当社スタジオに張っているのは、「うずら」と「プレーン」の組み合わせです。
横から見るとこんな感じで丸みがあるのがお分かりになると思います。
エッグウオール170530 (5)
エッグウオール170530 (7)


とても質感があって、上品ですよ。

エッグタイルの特徴は
「日本エムテクス株式会社のホームページより」

01. 優れた吸放湿性
たまごの殻は卵殻と言って、硬質で内部を保護する役目をしており、その成分は約94%が炭酸カルシウムで出来ています。気孔と呼ばれる小さな穴が1個につき7,000~17,000個も空いており、ひよこはその穴から呼吸に必要な酸素を取り入れ、内部で発生した炭酸ガス(二酸化炭素)を排泄するガス交換を行っているのです。つまり、気孔には命を生かす力があるのです。そんな卵の殻をタイルとして生まれ変わらせることで、湿気の多い時期には余分な湿気を吸収し、乾燥している時期には放湿する、調湿機能をもった壁材が生まれました。

02. 木材と同等の熱伝導率
一般的なタイルは、冬はひんやりとします。エッグタイルの熱伝導率は0.3w/mkほど。一般的なタイルは1.3w/mkとエッグタイルの熱伝導率は約1/4。これは、卵殻が持つ高い多孔質性によりタイル内部に空気層ができているためです。壁面で使用すると室内の暖められた熱を逃がしにくくします。

03. 重量が通常の1/2の超軽量タイル
通常タイルを壁に施工する際、タイルの重量が重いため施工箇所に限りがありました。エッグタイルの重量は通常のタイル約1/2と超軽量。このため、リフォームの際にも、既存の壁紙の上から施工でき、工期短縮が可能で施工の際のごみを減らすことができます。


もっと詳しくお知りになりたい方は、
日本エムテクス株式会社のホームページ
http://nmtecs.jp/eggtile/index.html」をご覧下さい。

他にもスタジオ内には、
「EM珪藻土」や「エコカラット」などの製品で施工した壁面があり、
実際に手に触れてご覧頂くことが出来ます。

スタジオ内壁に施工している「EM珪藻土」
エッグウオール170530 (8)

スタジオ内壁に施工している「エコカラット」
エッグウオール170530 (9)

date:2017/05/31 (水)

ページの先頭へ

慰労を兼ねての食事会

3月末に、サクラの開花を待って花見でもしよう!という提案をしておりました。
そうは言ってみたものの、熊本地震の復旧工事や、お引き渡し・着工が重なり、
みんな忙しくてそれどころではありませんでした。

なかなか実現できませんでしたが、
先週土曜日にやっと2ヶ月遅れの花見の宴(慰労を兼ねた食事会)
を開催する事ができました。

IMG_4545_R

ほぼ貸し切り状態でしたので、いつもの調子で楽しませて頂きました。
工務スタッフ達が、現場で鍛えた野太い声?で話し出すと、
設計女性スタッフ達も、それに負けじと、だんだんと声が大きくなり、
会場内は声がまったく通らないほどに賑やかになりました。
まぁ、いつも通りの光景です。

その後の2次会も大いに盛り上がったとの事。

元気で何よりです。
良いストレス発散になったことでしょう。

date:2017/05/29 (月)

ページの先頭へ

「2016年のお客様の声」をまとめた小冊子を作りました。

当社では新築や大型のリフォーム/リノベーション工事が完了した場合、
お客様にインタビューして色々なご意見・ご感想を頂いています。

毎回、貴重なご意見・ご感想をたくさん頂きますので、
社内で回覧して情報を共有しています。

たくさんの感謝・よろこび・励ましの声を頂きますが、
時々お叱りも受けます。

分厚くなってしまいますので,ほんの一部しか掲載しておりませんが、
実際のお客様の声をご覧頂くことで、三友工務店の「良い面」「悪い面」、
ありのままの姿を感じて頂ければ幸いです。

17052401 (1)
17052401 (2) 17052401 (3) 17052401 (4) 17052401 (5)

date:2017/05/27 (土)

ページの先頭へ

家づくりをするにあたって、こんな事で悩んでいませんか?

「色んな会社と会って話を聞いてみたいけれど、しつこく営業されないだろうか・・・」
そんな不安は有りませんか?

三友工務店では、棟数を追わずより質の高い家づくりを目指していますので、
営業マンは居ません。

代わりに、
ご連絡を頂ければ経験豊富な技術スタッフがお客様のご要望にていねいに対応致します。
ハウスメーカーのように展示場も有りませんし、営業も居ませんので、
分かりにくく、テキパキと事が進まないことが欠点ですが、
納得いく家づくりをされたい方には向いているのではないかと思っています。

また、「工務店が良いのは分かるが、デザインセンスは大丈夫だろうか・・・」
「また新しい技術にも対応できるのだろうか・・・」
そんな不安はありませんか?

家づくりを進めていく中で、
「間取りや仕様・材料・設備機器などの選択肢が少なかったり、
建築家の意向に沿ったデザインに自分の意見が良いづらい」
と不満に思うお客様が多いとお聞きします。

三友工務店では、
お客様一人ひとりの感性や個性、
そしてライフスタイルとまじめに向き合い、
細かいところまで、念入りに、ていねいに、
いい家をつくることに取り組んでいます。
その為、限られた棟数しか建てることは出来ません。

また一方では、全国の工務店とネットワークを組み、
最新の技術・デザインを学ぶことも怠っていません。
併せて、長年培ってきた公共事業の厳しい検査を通して得た知識・技術、
寺社仏閣などで経験した匠の技などを家づくりに活かせるのも、
当社の強みだと思っています。

date:2017/05/25 (木)

ページの先頭へ

先日、完成見学会を開催させて頂きましたH様邸の「お客様の声」をご紹介致します。

今回のお家は「ギャラリーのある平屋のような2階建て
1階部分に25坪の生活スペースに、納戸を併設したギャラリー。
階段を上がれば書庫兼用の、風が心地よい寝転びたくなるロフトもありました。

見学会の様子です。

170523 (4)   170523 (1)
 設計内田さんが将来に備えて子育て体験?
170523 (5)

こんな感じのお家でした。
3G2A5437 
広い玄関ホールはギャラリー兼用
3G2A5415
3G2A5384
書庫兼用の、風が心地よい寝転びたくなるロフト
3G2A5407

「お客様の声」

Q 今回の家づくりのいきさつを教えてください
A 絵や焼き物、書籍など、父や伯父伯母が残してくれた遺品が多くあり、自宅で飾ることができれば良いのですが、とにかく数が多いため殆んど仕舞いっぱなしになっていました。そんな折、妻の妹から定年退職後は熊本で暮らしたいとの話があり、それであれば絵の管理を兼ねて一緒に住んでもらおうと思ったのがきっかけです。住居+ギャラリー+倉庫です。前々から父が描いた絵をギャラリーに展示して、多くの人に見てもらえたらと思っていたので、念願叶っての家づくりでした。

Q 前回はご自宅を三友工務店で建てていただきましたが、今回再び弊社にご依頼いただいた理由を教えてください
A 三友工務店さんとは実家にいる時からのお付き合いです。今の家を建てる時も、誠実で丁寧な仕事をしていただきました。その時に担当してくださった下田さんは、多くを語る人ではありませんが、こちらが尋ねればいつでも専門家の立場からピンポイントでこたえてくれ、そしてそれが分かりやすく確実で、きちんと勉強されている人だなと感心しました。やはり大事なのは人との縁。三友工務店さんと私たちは縁があると思い、今回もお願いすることに決めました。

Q 家づくりでこだわった点は何ですか
A 絵や置物、書籍などを収納できるスペースの確保と絵を展示するギャラリー、そして妹の住居を兼ねた家は、近所の家並みと調和する、目立ちすぎない落ち着いた外観の平屋です。室内は勾配屋根で広がりを持たせ、中2階に本などを収納できるスペースを確保しています。熊本地震があったため、液状化はなかったのですが地盤は入念に調査してもらい、杭も打ってもらいました。玄関を入ってすぐの部屋をオープンギャラリーにしたので、近所の方々が散歩がてらに気軽に立ち寄れる場所になればいいなと思っています。妹は現在久留米にいますが、家具などは今使っているものを持ってくるそうなので、そういう点も配慮しています。キッチンはテレビを観ながら料理ができるように、リビングと対面にしました。部屋数もあるし、一人で暮らすのにはちょうど良い広さだと思います。

Q 今回の家づくりの感想を教えてください
A 振り返ってみれば、もっとこう出来たかなという気持ちがなくはありませんが、自分なりに良い家が建てられたと思っています。とにかく下田さんが良く分かっていて、こうしたいなと思っても、説明を聞けばやっぱり下田さんの言う通りなんです。例えば、北向きの玄関を東側に変えたいと言った時。私たちは平面的な想像しかできませんが、下田さんが言うには東側にするとドアを開けた時に人が立つ位置、雨の日に傘をさすスペースが狭くなるとのアドバイスがあり、きちんと人の動きまで計算しての北側玄関なんだな、さすがプロだなと感心しました。さらに玄関にスロープも付けてくれ、老後も安心です。

Q 工事中に何か不安に思うことはなかったですか
A 下田さんが全部良く分かってくれていたので何の心配はありませんでした。工務の対応も親切で、聞けば何でも説明してくれ、とても良かったです。実際にこの家で暮らす妹も、定年退職まであと1年あるため急いで建てる必要はなく、しかも途中で熊本地震があって三友工務店さんも大変だったと思いますが、予定通りに家を建ててくださり感謝しています。対応が遅いということもなく、言えばすぐに来てくれるし、地震後に自宅が雨漏りした時も臨機応変に対応してくださり、とても誠実な会社だと思っています。

Q 最後に、三友工務店をお知り合いに紹介するならどう紹介されますか
A 三友工務店さんは住宅展示場を持っていないので、他社と比べると知名度は低いかも知れませんが、しっかりした仕事をしている会社だと思います。社長さんも気さくな方で、地鎮祭や餅投げにも参加してくださいました。会社の評判というのは口コミで伝わるものです。私たちの自宅の完成見学会に来られて家を建てた方もいらっしゃいますし、やはり大切なのは人と人の縁。私たちは三友工務店さんとご縁があって良かったと思います。

ありがとうございました。

date:2017/05/23 (火)

ページの先頭へ