熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 工務店な日々 > 井アーカイブ

*

*

工務店な日々

工務店な日々

箱の中身はなんだろな

  • 2018.11.14

こんにちは。総務の井です。

先日、会社に大きなお届け物がありました。

人が一人、すっぽり入る程の立派な木の箱で

私だけではとても持ち上げられない重さ。

側面には、英語で「GHOST(ゴースト)」と書かれています…

 

なんでも、社長が注文された会社用の品物らしいのですが…

金具で厳重に固定されているこの箱の中に、

一体何が入っているのでしょうか!?

 

会社に戻って来られた園田さんにお願いして、

工具で開けてもらうことに。

いよいよ蓋があきました!

緊張の一瞬です。

箱の中身は…

こちら!!

…ん!?

これは一体…

なかなか全貌が見えてきません(汗)

箱から出してみると、

三面のガラスの枠で囲われた、

スタイリッシュな四角いものが出現。

 

実はこれ、

「エコスマートファイアー ゴースト」という暖炉なんです!

この暖炉は、薪を燃やすのでなはく、

トウモロコシやサトウキビ等を原料としてつくられた

「バイオエタノール」を燃料とする、

地球にやさしい、エコな暖炉。

暖炉というと、煙突を思い浮かべるのですが、

バイオエタノールは有害物質を出さないので、

必要ないとのこと。

ステンレススチールの四角い部分が、

燃料を入れるバーナーとなっているようです。

 

さっそく、点火してみよう!!

…と思ったら、

バイオエタノールが見当たらず。

取扱説明書を読むと、

なんと燃料は別売りでした(笑)

 

というわけで、

只今、「バイオエタノール」待ちでございます。

実際に薪は使わないのですが、

雰囲気を出すために、

薪、入れてみました(^^)

暖炉に火を灯す時が、

とっても待ち遠しい今日このごろです♪

 

はじめての冬

  • 2018.10.29

こんにちは。総務の井です。

早いもので、

そろそろ冬を迎える準備をする季節になりましたね。

 

先月、見学会を開催させていただいた平屋のお家も、

無事にお施主様のお引越しが完了し、

新しい生活をスタートされました。

▲設計は下田さん、現場監督は岩城さん。

読書好きなご主人と多趣味な奥様が、

二人で過ごすための終の棲家で、

本棚に囲まれた空間と、洗練された和室が

印象的でした。

 

冬の寒さに備えて、

パッシブ冷暖の暖房機能を取り入れたこちらのお家。

「パッシブ冷暖」とは、

エアコンから出る温風や冷風を床下に送り込み、

ダクトを通じて、

各部屋の床に設けたガラリから

暖冷気を行き渡らせるシステムです。

家にはこの一台のエアコンのみ。

キッチンにも、

こちらの和室にも

各所に送風口があり、

冬は足元から、じんわりとあたためます。

どこにいても、

寒さを感じさせないような仕組みですね

これからご新居で、はじめての冬を迎えられる中、

お施主様があたたかく、

快適に日々を過ごされますことを

心より願っています(^^)

 

i-works 視察に行ってきました!

  • 2018.10.16

こんにちは。総務の井です。

 

建築家の伊礼智氏が監修してつくられる「i-works project」 。

この度、株式会社 松下組様が施工された

「i-works 4.0 あしきたモデルハウス」に、

三友工務店社員17名 + 協力業者の大工さん3名で、

現地視察に行ってきました!

 

中型バスを借り、三友工務店の作業所を出発。

モデルハウスのある葦北までは、1時間ほどで到着です。

まずは、すぐ近くの「道の駅 葦北でこぽん」にて

腹ごしらえ!

そしていざ、モデルハウスへ!

平屋+小屋裏ロフトの27.5坪。

無垢材の杉の床板や、手づくりの家具・建具など、

資料だけではわからない実際の質感や構造を

肌で体感することができます。

 

玄関に足を踏み入れると、

やわらかな灯りがお出迎え。

この日の天気は曇り。

家に大きな照明器具はないものの、

窓から差し込む自然の光と、

デザインの異なるインテリア照明が各所に配置され、

やさしい明るさの、落ち着ける空間でした。

 

ロフト部分から見下ろすと、こんな感じ。

コックピット型のキッチンは、

既製品ではないi-worksオリジナル。

窓から見えるお庭や田園風景に、心が安らぎます。

襖やガラリ戸など、

使い方によって、いくえにも形をかえるリビングの窓は、

とても印象的でした。

 

今回の私のミッションは、視察の様子を写真に収めること!

不慣れな一眼レフカメラを握りしめ、

臨んだのですが…

ひたすらシャッターをきるものの、

なんだか、うまく撮れない…

 

けれど、カメラが上手な松武さんがレンズを向けると…

こんなにステキな写真に!

同じものを見ていても、

まったく違った風景を切り取ることができるんだ!と、

感激しきりです。

 

今回、初めて見学させて頂いたi-works モデルハウス。

洗練されたものに囲まれて、

ゆっくりと時間の流れを感じながら、

過ごすことのできるお家でした。

 

くわしい視察の様子は、

社長のコラムにも掲載されてます(^^)

https://www.sanyu-k.jp/column/2018/10/post-9162.html

 

模型に囲まれて

  • 2018.09.23

こんにちは。総務の井です。

本日、三友工務店 会社スタジオでは、

家づくり無料相談会を開催しております(^^)

 

こちらがご相談会のお部屋。

この度ディスプレイを一新し、

すっきりと明るい雰囲気になりました♪

IMG_8776

各棚には、

お家の模型がずらりと並んでいます。

IMG_8780

IMG_8772

IMG_8773

IMG_8774

IMG_8770

設計の方が作製する模型。

たくさんの小さなお家たちに囲まれていると、

自然と夢が膨らみます。

 

イメージが形になる第一歩。

三友工務店にご来社いただいた際には、

ぜひ、お気に入りの模型を

探して見られてください(^^)/

 

 

 

二世帯のおうち

  • 2018.09.14

こんにちは。総務の井です。

朝夕涼しくなり、

ずいぶんと過ごしやすくなりましたね。

8月末と9月のはじめに

2週続けて開催した住宅完成見学会は、

新築とリノベーション、いずれも二世帯のおうちでした。

 

まずは、内田さん設計、草津さん現場監督の新築のお家から。

お母様と娘様ご夫婦の、

水廻りをすべて共有する二世帯スタイル。

玄関を上がると、

まっすぐに伸びる廊下。

ご夫婦の空間となる2階へと続きます。

IMG_8639

寄り添いながらも、それぞれの生活スタイルに配慮した

ご家族にやさしい間取りです。

IMG_8633

板張りの天井や、

木をふんだんに使った造作家具も、

見どころの一つでした。

IMG_8643

IMG_8671

 

 

続いては、

設計が内田さん、現場監督は吹春さんの

分離型リノベーション二世帯住宅。

今回は、1階のご両親が住まわれる部分の

完成にともなう見学会です。

DSCN0676

家を支える抜けない柱は残したまま、

それぞれのお部屋のクロスと組み合わせて、

かわいらしくコーディネート。

IMG_8718

IMG_8721

以前の和室から、すごしやすい洋室へ転換。

寝室の近くにトイレを設置するなどの

ご家族の将来も考慮されたリノベーションでした。

IMG_8722

ふたつの二世帯のおうちを、

ほんの少しご紹介させていただきましたが、

お住まいのプランの

ご参考になればうれしいです(^^)