熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2015年2月アーカイブ

コラム

2015年02月アーカイブ

床下にエアコンを設置して家全体を暖める!

現在計画中の物件で、床下にエアコンを設置して家全体を暖めるプロジェクトが進行しています。
先日、換気システムメーカーの方を交えて、担当スタッフが集まり勉強会を行いました。

床下に家庭用エアコンを設置して家全体を暖めるという仕組みは、寒い地方では以前から
行われていた技術です。住宅の断熱・気密性能が上がり、家庭用エアコンもより効率化して
いますので比較的ローコストで家全体を暖める事が可能となりました。

当社が採用している換気システムの大まかな流れは次の通りです。
1.    高性能な花粉フィルターを通してクリーンな空気を床下に取り込みます。
(PM2.5もこのフィルターで除去できます。)
2.床下に設置した換気装置で熱交換、湿度交換を行いながら床下全体へ給気します。
3.リビングなどに設置してある設置してある室内吸気口より床下の空気を取り入れます。
4.建物全体に空気が流れます。
5.各部屋に設置してある排気口から床下のチャンバーに空気を集めます。
6.床下に設置した換気装置で熱交換、湿度交換を行いながら汚れた空気を屋外へ排気します。

この空気の流れが、床下に設置したエアコンと相性が良いようです。
つまり、床下に設置したエアコンからでる温風が床下空間全体に行き渡ります。
その暖かい空気がリビングなどの吸気口(ガラリ)からほんのりと入り込み家全体に広がっ
ていくという仕組みです。

その為には住宅にも高い性能が求められます。
詳しくは書けませんが、現在計画しているのがQ値で1.3程度、断熱方法については外断熱
と内断熱を組み合わせた高気密・高断熱の高性能な仕様です。

床下の空気が効率よく回るように基礎の内部立ち上がりも極力減らしました。
その為に、設計を担当した若松さんが構造全体を見直し、色々な工夫を行っています。
お施主様のご理解も有り、実現に向けて着実に進行している次第です。
 

date:2015/02/28 (土)

ページの先頭へ

社内検査

G様邸の大工工事がほぼ終了し、これから内装工事に入る直前の現場の社内検査を行いました。
参加者は私と稲留副社長、作村建築部次長、有村君、草津君、園田君の6名。

今回、G様邸の現場を担当した園田君の説明を受けながら、面々で現場の確認をする参加者。
現場担当者により工事の進め方や、納まりが微妙に違う部分もありますので、どちらが良い
かなどを意見交換しながら現場内を確認致しました。

当社の場合、企画商品がなくすべて完全注文住宅ですので一棟一棟違います。
その為、基本的な納まりは統一していても、細部は設計者、現場担当、大工棟梁の判断によ
る所も多いですので、大工工事が完了した時点での社内検査・確認は大事だと感じました。

今回のG様邸でも何点かの是正事項があり、
仕上げ工事に入る前に、すべて直すように指示致しました。

  現場を担当した園田君に是正事項を指摘している所です。

date:2015/02/24 (火)

ページの先頭へ

気がついたら梅の木に花が!

毎朝見ているはずの梅の木でしたが、本日まで気がつきませんでした。
せわしい毎日を送っていますので、心にゆとりがなかったのでしょうね。
梅の花もかなり咲いていますので、1週間前くらいから咲き始めたのかもしれません。

今週月曜日に、熊本技能士会連合会異業種交流研修が開催され、
「新しい技術に対応できる感性を磨く」というタイトルで、
浄土真宗本願寺派願船寺の井上恒夫住職の講話がありました。

感性を磨くというタイトルでしたが、
その中で、散る花の表現として、

「桜は散る」
「椿は落ちる」
「牡丹は崩れる」
「梅は舞う」

散る花にもそれぞれに美しさがあると言われました。

我が家は江津湖のほとりにあり、自然環境に恵まれた所に住んでしますが、
季節の移り変わりを感じ取れる余裕がありませんでした。
生活がワンパターン化していて周りを見渡す余裕がなかったのでしょうね。
まったく意識していなかった、と言った方が正しいかもしれませんが、、、

このような季節の移ろいや、仕事上での違和感など、些細なことでも感じ取れる感性を磨か
なければと思った次第です。

ということで、
いよいよ春到来です!!
 

date:2015/02/20 (金)

ページの先頭へ

決算。

当社は12月が決算月です。
その為、一年間の収支をまとめて決算後2ヶ月以内、2月末までに納税申告を行わなければなりません。
先日、2014年の決算書もまとまり、顧問税理士の方を交えて一年間を振り返りました。

2014年は私達の業界にとりまして消費税の影響を大きく受けた一年でした。
一年間通してみると、消費税増税後の落ち込みも少なく売り上げは一昨年より5㌫増。
さすがに利益は資材高騰の影響で10㌫の減でした。
まぁ当初予想していたくらいの数字に落ち着きました。

当社の場合、やみくもに受注を増やさず、限られた人数で、限られた範囲の仕事しかしてい
ませんので、年間売り上げは毎年さほど変わりません。
昨年も、消費税増税の影響はあったものの、年間売り上げとしては例年通りの範囲に収まり
ました。
ただ、一昨年と比較してみると、
思っていた以上に資材が値上がりしていたことを改めて感じました。

当社で年間に出来る仕事は限られていますので、
今年に持ち越した仕事も多く、担当者は相変わらず忙しい日々を送っている次第です。

 

date:2015/02/19 (木)

ページの先頭へ

初期不良・・・第2弾 カメラ編

昨年購入しましたカメラ。
バッテリーをフル充電しても、動画撮影に切り替えてしばらくすると赤のマークが点滅し
バッテリーがからの表示になります。
この程度しか持たないのかと思いしばらく使っていましたが、すぐにバッテリーがからの
状態になりますので予備の電池を購入しようと思いました。

以前のコラムに書きましたが、キーボードの初期不良で悩まされた経験がありましたので、
念のためメーカーに問い合わせてみると、何とその品番が不具合に該当する製品でホーム
ページにも記載されているとの事。
早速修理を手配し、今のところはまったく問題なく使えています。

キーボード、カメラの2件ともバッテリーに関わる初期不良で、
問い合わせしてみて本当に良かったと思いましたね。
もし問い合わせしていなかったら予備のバッテリーを購入した上に、これまでと変わらない
不便を強いられていた事だと思います。
まぁその時点でおかしいと気づいたとは思いますがね。。。

それにしても、、、工場でしっかり管理されて作られている製品でもこんなに不良品が出る
んだなぁと思いました。
どちらも発売されてすぐの新製品でしたので、もう少し落ち着いた頃に購入した方が良い
かもと思った次第です。

 

date:2015/02/17 (火)

ページの先頭へ