熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2015年12月アーカイブ

コラム

2015年12月アーカイブ

当社は26日(土)より年末年始休業中(12/26~1/7)です。

日頃、なかなか休みが取れないスタッフ達の為に、
年末・年始はゆっくりと休養できるように少々長めにとっています。
今年の年末年始休暇は13日間です。

その為この期間は、会社内には誰もおらず、また来社される方もほとんど有りませんので、
私にとっては、静かに、集中して、物思いにふける事が出来る貴重な時間です。
一年で一番大事な期間だと言えるかも知れません。
取りあえずは、この期間、ビジネス本や業界紙、新聞などを読みあさって物思いにふける事
から始まります。ただただぼーっとしているだけかもしれませんが、、、(笑)

また本日は、朝から社内のワックス掛け、外では庭木の剪定を行いました。

会社は年末年始休業中となっていますが、
0120 – 146 – 983 (フリーダイヤル) までご連絡頂き、メッセージを残して頂きますと、
折り返しご連絡をさせて頂きます。

休業中も連絡が取れる体制を整えておりますのでご安心下さい。
どうぞお気軽にご連絡ください。

最後になりましたが、
今年もお陰様で一年を通して忙しくさせて頂きました。
本当に有り難うございました。
来年が皆様に取りましてより良い年でありますように!お祈り申し上げます。
年明けは1月8日(金)から通常営業です。
どうぞ宜しくお願い致します。
 

date:2015/12/29 (火)

ページの先頭へ

三友さんの家づくりの特徴はどんなところですか?

完成見学会や、家づくり相談会などでよくお受けする質問です。
どんな風に答えれば良いか、いつも悩みます。
当社には展示場がありませんので、”どんな家をつくっているのか分かりづらい?”
というのが一番の理由でしょう。

当社の家づくりコンセプトの一つをご紹介致します。
________________________________________

「 いろんな答えをもっている 」

ご家族の想いをカタチに変えるのが、
私たちの大切な役割です。

家づくりの主役は、そこで暮らすご家族です。
家族構成、趣味趣向、暮らし方、趣味など、十人十色という言葉があるように、
家づくりにおいてもひとつとして同じ答えはありません。
ご家族の数だけ、家づくりの答えがあるのです。

その答えを導き出すために、
私たちがいちばん大切にしているのは、ご家族全員とお話をする時間です。
どんな小さなことでも、突然ひらめいたアイデアでも、関係のない世間話でも、
そこにご家族ならではの家づくりのヒントが隠されています。

だから、私たちの家づくりは、
最初に設計や仕様を決めこんだりはしません。
建てていく過程でアイデアを盛り込み、仕様など変更をすることもよくあります。

時間をかけて導き出した答えに、
ご家族の未来のしあわせはあると考えているからです。

これから家づくりに取り組むご家族には、
想いをどんどん、私たちにぶつけて欲しいと思います。
ご家族の、みなさんの想いをお聞きしたいのです。

そうやってご家族全員で取り組んできた家づくりは、
その過程ではいろんなことが起きるかもしれませんが、
建てた後に“愛着”というものが生まれるものです。

家に対する“愛着”は暮らしのなかでご家族によって育んでいただき、
次の世代へと宝のように受け継いでほしいと考えています。
________________________________________

ご家族の想いをカタチに変えるのが私たちの大切な役割ですので、
お客様とは、出来るだけ“ゆるやかな関係”で時間をかけて仕事をしたいと思っています。
その為に、ルールは有りますが、なるべく臨機応変な対応が出来るよう心がけています。
手間も時間も掛かり苦労も致しますが、やり甲斐をとても感じます。

反面、
効率の良い仕組みを取り入れて、打ち合わせ回数を極力減らし、選択肢を少なくし、工期を
短縮する等の方法で家づくりをしている会社も多いです。

どちらにもメリット、デメリットがあり、悩まれる方も多いと思います。

 

date:2015/12/24 (木)

ページの先頭へ

年内お引き渡しに向け、社内検査が続く日々・・・「富合の家」 竣工写真

今年も残り僅かとなりました。
当社では現在、「新築」や「リノベーション」したお家のお引き渡しに向けて、毎日のよう
に社内検査を行っています。

今回は富合O様邸新築工事の社内検査を行いました。

妙に細かい所にこだわる設計を担当した風間さん

現場担当の園田君が確認

O様邸は「ご両親、若夫婦+子どもさん2人」の6人でお住まいになる2世帯住宅です。
お父様はお寺のご住職で、その関係もありお寺の敷地に隣接して建つ2世帯住宅です。

ご縁のきっかけは、昨年5月に会社にて開催しましたスタジオ相談会でした。
当社ではお寺関連の仕事も沢山手がけていますので、そのご紹介でお越しになったのかと
始めは思いました。
経験豊富な稲留副社長が取りまとめ、設計は風間さん、現場は園田君が担当致しました。

餅投げをされた時の写真です。

設計コンセプト:一級建築士 風間滋 

  「緩やかにつながる2世帯住宅」

それぞれ世代の違う独立した空間を持ちながら、
ファミリールームから1階の居間へとゆるやかに繋がる家族の関係。
茶道も楽しみながら(お母様)お寺の庫裡や客室も兼ねた多目的な和室。

こんな感じのお家です。

date:2015/12/18 (金)

ページの先頭へ

菊陽の家・・・社内検査

今週末の19日(土)、20日(日)に、お施主様のご厚意により完成見学会を開催させて頂きます。
本日は、そのM様邸の社内検査を行いました。

M様邸は、ご家族4人でお住まいになる36坪、2階建てのお家です。
設計監理:一級建築士 三宮健司    現場監督:一級建築施工管理技士 有村信一

設計コンセプト

         家族の時間とそれぞれの時間を大切にした家

「すっきりと暮らしたい」「シンプルな外観とブラウン系の落ち着いた内部空間で」など、
施主様が明確なイメージをお持ちでしたので、設計に関してはそのイメージをいかに具体
的な形にしていくかという作業でした。「家族が一緒に過ごせる空間とそれぞれの時間を大
切にできる家」をコンセプトに、1階は吹抜けのリビングを中心にオープンなつくりで、2
階はそれぞれの独立したスペースで回遊性のあるプランです。(一級建築士 三宮健司)

私のスナップ写真で恐縮ですが、こんな感じのお家です。
実物はとても素敵です!

現場を担当している有村君

外回りも急ピッチで進んでいます。
玄関アプローチの、洗い出し仕上げ作業中でした。

見学会の案内は、
イベント情報「https://www.sanyu-k.jp/news/images/kikuyounoie-ketugoudate2015-12-12.pdf」をご覧ください。
どうぞ宜しくお願い致します。
 

date:2015/12/14 (月)

ページの先頭へ

今年最後の安全協力会会議を開催致しました。

当社では毎月定期的に現場安全パトロールと合同安全会議を開催しています。
今回は今年最後の安全会議となりました。

毎回議題は変わりますが、今回は当社が新たに作成致しました「三友スタイル標準施工手引
書」についての打ち合わせでした。

     三友スタイル標準施工手引書 2015

    
     内容はこんな感じで、基礎工事から大工工事・断熱工事・電気工事など、工事に関わるほぼ
     全業種にわたる、当社施工の標準手引書です。

その他、現場安全パトロールの報告、施工体制台帳などの説明を各担当者が行いました。

安全協力会会長 出田実業柿塚氏の御挨拶

総合司会を担当した作村建築部次長

安全パトロールの報告をしている園田君

当社では、下記のように協力会社様を6班に分けて各班長を決め、
毎月定期的に安全パトロールを行っています。

施工体制台帳について説明している五瀬君

最後に私の挨拶

今年も残り僅かとなりました。
慌ただしい時期を迎え、最後まで事故がないように安全に気をつけて現場作業にあたるよ
う、一同気を引き締めた次第です。
 

date:2015/12/11 (金)

ページの先頭へ