熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム

コラム

(社)熊本県建設業協会建築部会の安全大会

昨日,(社)熊本県建設業協会建築部会の安全大会が開催されました。
建築部会というのは、熊本県内に本店を置く建築会社を会員とし、
建設業協会のなかでも建築工事を主体として仕事をしている会社の団体です。
現在、建築部会会員は熊本県内で90社。

熊本県内各地で住宅の新築・リフォームから大型の民間ビル、公共工事まで手がけています。
ほとんどの会社が当社よりも大きい、県内では有数な会社ばかりです。

昨年、会の愛称を募集し、最終的に「タクミライ」と決まりました。
“タクミライ”=「匠 タクミ」+「未来 ミライ」から来ています。
建築現場でさえる「匠」のワザ。
伝統的な技術や志を明日へと伝え、
熊本の「未来」を築いていきたい。
そんなメッセージをこめました。

その団体の安全大会に、会社から設計部門以外はほとんどが参加し、安全講話に耳を傾けてきました。

2部では、アスベストの講話もあり、改めてその怖さを認識したところです。

今年も半年が過ぎました。
これからの残り半年、事故が無いように頑張りたいと思います。

date:2011/06/24 (金)

ページの先頭へ

江原中学校現場より

ここの所、雨が続いていますので外回り工事が思うように進みませんが、
建物の方は順調です。
工期も残り僅かとなりましたので、最後まで気を抜かないように工事を進めます。

現在の状況です。
外部足場も外れ、外回りの工事を進行中です。

竹内工務店様と2社で共同企業体をつくって工事を進めています。
当社の現場担当は五瀬君です。
こんな顔をしています。

ちょっと生真面目ですが、出来る男です。

当社から会報誌をお届けしているお客様には、
五瀬君が毎月書いている近況をご覧になれますので、是非、お読み下さい。
生真面目さがにじみ出ていますので、、、(笑)
 

date:2011/06/22 (水)

ページの先頭へ

熊本市富合にて上棟式&もち投げが執り行われました。

当日は大雨が降り続いていましたので、
誰も来られないかも知れない、ということで餅やお菓子を
袋に入れて近所の方に手渡しする方向で進めておりました。
ところが、大雨にも関わらず予定時刻が近づいてくると、
ご近所の方が続々お集まりになり、
一端袋詰めした餅をばらして、予定通りにもち投げを決行することになりました。

幸いもち投げの時間帯は、雨も少なく?
無事にもち投げを終えることが出来、良かったです。
前回、天草の三角で有りましたもち投げとまったく同じパターンでした。
あの時は、大型台風が接近していた雨の中での決行でしたが、
今回は大雨警報が出ていた土砂降りの雨の中での決行でした。
お越しになった方には、本当に感謝申し上げます。

H様邸は延べ床面積47.2坪、2階建て、
アトリエの有るご夫婦2人で暮らされるお家です。
今回現場を担当します川口さんからの紹介でした。
私が初めてお会いしましたのは、今からちょうど2年前に
良町で開催致しました完成見学会です。
このご縁を大切にしながら、いい家が出来ますように頑張りたいと思います。

今回の担当は、設計が下田さん、現場監督が川口さん、棟梁が藪田さんです。
いつものメンバーで、いつも通りの仕事をして、
想い出に残るような家づくりをしたいと思います。

Hさま、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

棟札を上げたところです。

続々と集まる近所のみなさま

いよいよもち投げ開始です。
この大雨の様子が分かりますか?

 

傘を逆さにして餅を集める姿も

もち投げの後、ずぶ濡れになった所を記念撮影


 

この後、食事会をして最後にみんなで記念撮影

そういうことで、2回連続、雨の中でのもち投げとなりました。
しかも、土砂降りの雨の中でのもち投げということで、
当社の家づくりのコンセプトでも有る
“想い出に残る家づくり”の1ページを飾ることが出来た!、と思っております。

前回は台風、今回は大雨と、2回連続の悪天候のなかでのもち投げ決行は、
後々伝説になるかも知れません。。。(笑)

いやぁ〜、それにしても雨が凄かった!!

date:2011/06/20 (月)

ページの先頭へ

経営事項審査終了!

昨年もこのコラムに書いておりますが、
年に一度の経営事項審査を熊本県庁にて受けて参りました。

経営事項審査というのは、公共工事の入札に参加する建設業者の
企業規模・経営状況などの客観事項を数値化した、
建設業法に規定する審査のことで、略して経審とも呼ばれています。

公共工事の入札に参加する建設業者は、必ずこの経審を受けなければなりません。
経営事項審査には、売上高、技術者数、資金繰状況(流動比率)、利益率など
主な企業情報を網羅されていて、企業経営の良し悪しを客観的に見られ、
他社と比較できるという点では、会社を経営していく上での一つの指標
として私たちにとっても役立つ資料です。

また、点数はすべて数値化されていて公表されていますので、
売り上げ、利益、借り入れ金額も含め、だれでも経営内容を
確認することができる状態にあります。

この点では、私たちのように公共工事を手がけている会社は、
年に一回は必ず、行政機関の審査を受けなければならない義務を負っていますので、
その客観的な数値データーを比較することで、どのような会社か大まかにでも
判断する事は可能でしょう。

住宅やリフォームを専門にされている会社は、規模が大きくても公共工事
を受注されていませんので経営事項審査を受けられていません。
その為、私たちのように経営内容まで細かく調べられて公表されていませんので、
経営内容の実態が分かりにくいところが有ります。

公共工事を手がけているから安心というわけでは有りませんが、
少なくとも、経営事項審査を受けて、その数値を一般に公表されているという点では、
会社を選ばれる上での一つに指標となるのではないかと思います。

date:2011/06/17 (金)

ページの先頭へ

ホタルが生きていた!

先日の集中豪雨のため、我が家の前の小川が増水致しました。
流れも速かったので、ホタルも全滅か、流されてしまったと思っていましたが、
根性?で何とか無事に生き残っていました。
私も見習わないといけないです。

会社帰りに自宅の前で撮った写真です。
ピンぼけして分かりにくいですが、草の上に止まっているホタルが分かりますか?

自宅の玄関門扉の上に止まったところを追っかけて撮影
(これもピンぼけしていますが、作り物ではありませんので、、、念のために)

date:2011/06/15 (水)

ページの先頭へ