熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム

コラム

吉永クリニック(仮)新築工事地鎮祭

熊本市月出1丁目にて、吉永クリニック(仮)新築工事の地鎮祭が執り行われました。
今回の建物は、木造2階建て、延べ床面積84坪の自然素材をふんだんに使った、
木の香り豊かな胃腸科内科クリニックです。

設計は(有)小川建築事務所さまです。
担当されたのは小川洋平氏、
お母様は熊本での女性建築家として草分け的な存在である小川道子さんです。
今回の建物を設計するに当たっての、小川洋平氏のコンセプトは次の通りです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
コンセプト:ゆったり、シンプルでつかいやすく
 
基本の平面、室構成は
打合せの初期段階で決まっていましたが、
そこから、吉永先生の勤務経験をもとに
スタッフや患者様のことを考えた細部計画に時間をかけています。
 
その場にいる人が動きやすいように、
患者様とスタッフの動線を明確に分離し、
・患者様にとっての利用のしやすさ、わかりやすさ
・スタッフにとっての働きやすさ、管理のしやすさ
を計画全体の基本としています。
 
また、クリニック(病院)という施設の性格上
体の不調や不安をかかえている方のご利用が多いので、
「できるだけ緊張せず
リラックスして、診察や検査を受けて欲しい」
と吉永先生はお考えになっています。
 
そこで、患者様がご利用になる場所は
・ゆったりとしたスペース
・自然素材を使い、居心地の良い空間
となることを重視して計画しています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

外観パース

内観パース(待合室)

当社の現場担当は作村、川口のベテランコンビです。

いまから8年ほど前にも、小川建築事務所さまからのご紹介でご両親のお家を
建てさせて頂いておりましたので、今回の息子さまのクリニック新築で2世代
にわたりましてご縁が出来たわけです。

このご縁を大切に、吉永先生の思いが叶うような立派なクリニックをつくり
上げたいと思います。

吉永様、小川建築事務所さま、これからどうぞ宜しくお願い致します。

地鎮祭の様子です。

小川建築事務所の小川所長さまが自ら釣ってこられた天然のタイです。

祭壇

日吉神宮 宮川宮司さま

四方払い

鎌(かま)…草刈り初めの儀(くさかりぞめのぎ) お施主様

鍬(くわ)…鍬入れの儀(くわいれのぎ) 小川建築事務所 小川洋平さま

鋤(すき)…鋤入れの儀(すきいれのぎ) 施工者を代表して私が鋤入れ

最後に記念撮影

 

date:2011/08/04 (木)

ページの先頭へ

熊本市立江原中学校改築工事竣工検査

昨年10月より熊本市南熊本にあります、熊本市立江原中学校の改築工事を㈱竹内工務店様
と共同企業体を組織しまして工事を進めておりました。
その校舎改築工事が7月末に無事に終了し、熊本市役所さまの竣工検査を受けました。

検査風景です。

7月中旬に工事監理を担当された方の検査を受け、引き続き係長検査も終了しておりました。
今回は、検査の専門部署である検査室の最後の竣工検査でした。
あわせて3回の検査を受けたわけですが、
熊本市役所に限らず公共工事の検査は非常に厳しいです。

何とか無事に検査も終わり、昨年10月から始まった江原中学校の改築工事も終了致しました。
今回の新校舎は床や壁に地元で育った木を使ってあり、あったかい雰囲気で何だかとても
落ち着く空間でした。
家もそうですが、自然素材が一番落ち着きますね。

完成写真です。
私のカメラで撮りましたので,色が少しおかしいかも知れませんが、
雰囲気だけお感じ下さい。

こんな学校で私も授業を受けたかった!

廊下

教室

図書室

トイレ出入り口

また、木を使った室内仕上げに加え、屋根には太陽光発電も備わっているというとてもエコ
な校舎でした。
当社の現場担当は五瀬君でした。

最後になりましたが、
工期期間中、ご協力を頂きました学校職員のみなさま、生徒さんには深く感謝致します。
快適な校舎で“想い出に残るような学校生活”をお送り下さい!
 

date:2011/08/03 (水)

ページの先頭へ

「フラット35」住宅ローン金利優遇申請、来月末までに

昨日の日経新聞で気になった見出しです。
いよいよか!と思いました。

内容は下記の通りです。
日経新聞電子版より
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
住宅ローン「フラット35」金利優遇、申請は9月末まで
国交省、予想超す利用で前倒し方針

国土交通省は2日、住宅金融支援機構が手がける長期固定金利型の住宅ローン
「フラット35S」の1%の金利優遇措置の申請期限を当初予定の2011年12月末から
9月末に前倒しすると発表した。利用が予想より多く、予算枠の上限に近づいたため。
大畠章宏国交相は同日の閣議後の記者会見で、住宅のリフォーム(改修)時に商品券
と交換できるポイント制度などを新設し、住宅投資を下支えする考えを示した。
フラット35は最長35年の住宅ローンで、機構が民間金融機関から住宅ローン債権を
買い取り、証券化して機関投資家に売却する。政府は昨年2月から省エネなどの条件
を満たした「フラット35S」で、当初10年間の金利を通常より1%下げている。
利用者が10月以降にフラット35Sを申し込んだ場合は金利の引き下げ幅は0.3%に縮小される。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
要は、
政府の経済対策で実施されていた「フラット35の当初10年間金利1.0%
引き下げ」が、申請期限を当初の12月末より繰り上げて、9月末で終了
となることが決定した。という記事です。

以前より、フラット35利用者が急増している為、申請期限を待たずに終了
することが懸念されていました。
今回初めて、具体的に終了時期が報道されました。
いよいよか!と思いましたね。

現在フラット35を利用して住宅購入を検討されているお客様がいらっしゃいましたら、
期日までの申請が必要になりますのでスケジュール調整にご注意ください。

ここでいう必要な申請とは、9月までに住宅ローンの正式審査申込書を提出する事です。
また、今回の報道によりフラット35の利用希望者が急増し、正式審査だけでなく、
事前審査・仮審査も処理に時間がかかってしまうことが予想されます。
家づくりのスケジュール調整には十分ご注意くださいね。
 

date:2011/08/03 (水)

ページの先頭へ

江津湖の写真

暑中見舞いの写真に久しぶりに江津湖の風景を使いました。
以前は毎年、暑中見舞い・年賀ハガキともに江津湖の風景を使っておりましたが、
写真も限られマンネリ化してきましたので、いつの間にか別のものに変わりました。
今回は久しぶりに江津湖復活です。

タイトルは
                       “  今 も 昔 も 変 わ ら な い も の  ・・・  ”

この暑中見舞いのハガキは、これまで当社とご縁のあったお客様には近日中にお届けできると思います。

ところで、
私が小中学生の頃,夏休みは毎日、江津湖で釣りをしていました。
エサも、さなぎや食紅などを買ってきて色々と自己流にブレンドしながら、魚釣りの研究?をしていました。
あの頃が懐かしいです。
当時はビンタ、アブラメ(正式名称は知りません)といって相手にもしなかった魚が、
いまではなかなかお目に掛からない貴重な魚になっています…
あの頃と風景はあまり変わりませんが、環境は変わっているのかも知れませんね。

私の息子は江津湖には行きません。
なぜ?と聞いたところ、大人が一緒でなければ学校で禁止されているとの事。
歩いて数分の所にもかかわらず、行けないとは残念です。
社会環境も、私が小さい頃とはすっかり変わってしまったようですね。。。
 

date:2011/07/30 (土)

ページの先頭へ

ワイガヤ家づくり倶楽部のご案内・・・今回は資金計画セミナーです。

今週末、30日(土)の午後1時30分から2時間程度、
当社3階セミナールームにてワイガヤ家づくり倶楽部を開催いたします。

今回は「住宅ローンの基礎知識と資金計画のポイント」セミナーです。
一生に一度の大きな買い物で「知らなかった…」とならないためにも、
この機会に住宅ローンについて勉強してみてはいかがですか?

たまに(よく?)ある話ですが、土地が見つかってから住宅会社や銀行に
相談しようと思っていませんか?
順番が逆です。
まず初めに、幾らまで借りられるか?
そして、返済可能額はいくらかを先に確認するのが鉄則です。

今回はそういった方向けのセミナーです。
”資金計画をどう進めて良いか分からない?”、
”どの段階で銀行に行けば良いのか分からない?”といった方は、是非、お越し下さい。
当社には営業はいませんのでご心配なく、、、

講師の方は、日頃住宅ローンを扱っている銀行マンの方です。
裏話も含め、通り一遍ではない実務的な話をお願いしています。

わざわざ銀行に相談しに行くほどでもないけれど、、、という方もお気軽にお越し下さい!

詳しくは、こちらをご覧下さい!
https://www.sanyu-k.jp/news/pdf/20110730.pdf

お電話・FAX・E-mailよりお気軽にお申込み下さい。
フリーダイヤル:0120-146-983
FAX:096-381-0610
メールフォームはこちらから:https://www.sanyu-k.jp/seminar/
※お申し込み多数の場合は、お申し込み順にて締め切らせて頂きます
 

date:2011/07/27 (水)

ページの先頭へ