熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2014年4月アーカイブ

コラム

2014年04月アーカイブ

三友工務店の安全協力会「友交会」の総会が開催されました。

三友工務店では毎月定例で協力会社にお集まり頂き、安全会議を開催しています。
先週の土曜日に、その安全協力会「友交会」の総会が開催されました。

司会をする作村建築部次長

総会に先立ち挨拶されている、当社安全協力会会長出田実業柿塚様

私の挨拶

収支報告をする五瀬君

その後、日本赤十字社熊本健康管理センターから講師の方をお迎えして、
セミナーを開催致しました。

タイトルは「体にいい事、何かしてますか」
講師の先生は、日本赤十字社熊本健康管理センター
健康支援課 運動指導士 裏前幸美様

簡単なストレッチ、筋力トレーニング(スクワット)をみんなでしている所です。

講師の先生のお話しは、とても分かり易く、楽しく拝聴させて頂きました。

“体にいい事、何かしてますか?”という為になるセミナーをお聞きしたあとに、
懇親会が開催されました。

稲留副社長による乾杯の音頭

せっかく良いお話を聞かせて頂いた後なのに、懇親会が始まるとたちまちこの状態。

暴飲暴食何するものぞ!といった所でしょうか、、、
よほど日頃のストレスが溜まっていたのでしょうかね。。。(笑)

森栄工業川上様による中締めの挨拶

最後に記念撮影

この後も、場所を変えて宴会は延々と続いたらしいです。

翌日、スタッフ達の晴れ晴れとした顔を見ると、こうして飲み明かしてストレス発散する
のも体には良いのかもしれないと思った次第です。
もっとも飲めない私には理解できませんが、、、(笑)

追伸:コラムを書いてアップすると、「工務店の日々」に既に大森さんが同じような内容を書き込んでいました。
    先を越されてしまいました。。。(苦笑い)
    次は先を越されないように早めにアップしなければ、、、
    油断大敵!
 

date:2014/04/30 (水)

ページの先頭へ

西方寺様本堂新築工事地鎮祭が執り行われました。

西方寺様は熊本城の直ぐ近く、京町に有る浄土宗のお寺です。
加藤清正ともゆかりの有る、450年近く続いている由緒あるお寺です。
縁あって、私の父の代に庫裏を建てさせて頂きました。
(庫裏というのは寺の台所にあたる建物で、ご住職や家族の住まわれている所です。)
この度は、本堂新築工事を請け負わせて頂く事になり、親子2代に渡ってご縁を頂く事が
出来、感謝しています。
世代を超えて受け継いでいけるような、立派な本堂を建てさせて頂きたいと思います。
現場は、ベテラン監督の作村、川口コンビが担当致します。

地鎮祭の様子です。
久しぶりの仏式の地鎮祭で、いつもと勝手が違い、非常に新鮮でした。

ご住職様の見事な墨字に感動致しました。

私の名前も書かれてあり、身が引き締まりました。

四方払い

最後に記念撮影

 

date:2014/04/24 (木)

ページの先頭へ

慌ただしい日々

先週末はTOTOショールーム相談会と、七城町での古民家再生内覧会を同時開催しまし
たので、その準備に追われて慌ただしい一週間を過ごしました。
2つのイベントを同時開催しましたのは初めての経験で、少ないスタッフの中から役割分
担を決めて対応致しました。
特に七城町の古民家再生内覧会は、ホームページでの案内と近隣へのチラシ配布
だけでしたが、思いの外たくさんのお客様にご来場頂きました。
なかには遠方からわざわざ見学にお越しになったお客様も何組かあり、古民家への憧れの
ようなものがあるのかなぁと感じた次第です。

今週は会報誌の原稿書き、週末には当社安全協力会「友交会」総会、
そして何より、週明けから熊本西税務署様からの税務調査も入っていますので、
先週に続き慌ただしい一週間になりそうです。
5月の連休を励みに頑張りたいところです。
 

date:2014/04/21 (月)

ページの先頭へ

七城町古民家再生の現場より・・・今週末、4月20日(日)に内覧会開催

昨年、9月末より工事をしています古民家再生の現場です。
4月に入り、やっとお引き渡しできる段階まで仕上がってきました。
予定では母屋を2月末に完成させる予定でしたが、
長い年月の中で木組みがくるっていたり、事前調査では分からず解体してみて初めて分か
った問題点などもあり、その対応の為に構造的に補強が必要な所が多々出てきました。
また消費税の影響もあって、工事期間を通して職人が不足していて、なかなか思い通りに
仕事を進める事ができませんでした。
そういった諸々の事情が重なり、当初の予定からすると約2ヶ月近く工程がずれ込み、
お施主様には大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。

多大なご迷惑をお掛けしているにも関わらず、今週末にはお施主様のご厚意で完成見学会
も開催させて頂ける事になりました。
お施主様には工期の遅れに対するご理解と、内覧会を開催する事に快くご協力して頂けた
事に深く感謝申し上げます。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

S様邸は、御主人の御両親と同居する為の2世帯リフォームです。
設計を担当しているのが風間さん。現場は沼田君です。

反対側から見た外観写真です。

着工前の内部はこんな感じでした。

工事途中

先週の状況です。
建具を取り付けている所。

最終の完成状態は、内覧会後に掲載させて頂きます。

大きな吹き抜けのある玄関土間を始め、滅多に見る事の出来ない「古民家再生」のお家だ
と思います。

ツバメが巣を作ろうと思っているのか、家の中に頻繁に入ってくるので現場担当の沼田君
も扱いに困っている様子でした。
ツバメが和室の下がり壁に取り付いているところ。

ツバメが巣を作ると縁起が良いと聞いた事がありますが、S様ご家族に福をもたらしてく
れると嬉しいです。

設計にあたって:風間 滋 一級建築士

・ 御主人の御両親との同居という2世帯住宅(お子様3人を含む7人家族)に於いて
  それぞれ自立した生活空間を持ちながら、出来るだけ出会いを強制せず、又家族として
  の暖かい触れ合いも十分可能な「ちょうど良い距離」を大切にしたプラン構成。
 (ご両親の生活空間に小さいキッチンとトイレ・洗面を設置、座敷(和室10帖)は
  御親戚の方達が集まる時の部屋だけでは無く、普段は御両親の居間(サブリビング)
  としても考える。等)
・ 本体の耐震補強を行うと共に、本体の周囲を囲む下屋と増築部分の耐震耐風強度を上げ、
  本体を保護するように全体のバランスを考える。
・ 金物を一切使わない伝統的な架構の美しさを積極的に各室のデザインに生かす。
・ 断熱性能の向上を図るため、床・壁・天井に十分な厚さの断熱材を配置し、気密性・気
    流止め及び外壁側の通気についても考慮するとともに夏場の通風にも配慮。

    改修面積    改修部分:177㎡  53.5坪
               増築面積: 40㎡   12.1坪
            合計:217㎡            65.5坪
 

今週末に完成内覧会を開催させて頂きますが、ご覧になりたい方はイベント情報
https://www.sanyu-k.jp/event/」をご覧下さい。
分かりにくい場合は、会社までお問い合わせ頂ければ幸いです。
折り返し、見学会開催場所をご案内させて頂きます。
とてもいい雰囲気に仕上がっていて見応え十分なお家ですので、ご興味がお有りの方は、
是非、会場まで足をお運び下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

追伸:今回の完成内覧会は、広告などは一切行っていません。
    ホームページをご覧になっている方だけへの特別なお知らせとなります。
 

date:2014/04/17 (木)

ページの先頭へ

S様邸上棟式&モチ投げ・・・お子さんを背負っての、ほほえましいモチ投げ!

先日の日曜日に熊本市内にて上棟式&モチ投げが執り行われました。
当日は肌寒くはあったものの、天候にも恵まれましてご近所から沢山の方がお集まりにな
り、大変賑やかなモチ投げとなりました。
特に今回は、お施主様が子どもさんを背負ってモチ投げされる事になり、お施主様ご家族
にとりましても思い出に残るⅠページを飾れた事だと思います。

棟札を持って記念撮影

棟札を取り付けられているお施主様

上棟式の様子です。

モチ投げを前に、沢山のお菓子をみんなで小分けしている所です。

今回は始まって以来のお菓子の量で、私たちもビックリしました。
なんでも奥様が駄菓子屋さんで楽しくなってしまい、買いすぎてしまったとの事。。。(笑)

いよいよモチ投げが始まります。

お子さんを背負ってモチ投げに!

モチ投げのあとの直会(食事会のようなものです)。

お施主様のご挨拶

私の挨拶

食事会の様子

モチ投げという大役を果たされて、ホッとされているお子さん!!

担当スタッフが、一人ひとり自己紹介をしているところです。

最後に、協力会社を代表して八丁設備の田中社長に中締めをして頂きました。

記念撮影

S様との出会い

S様は私の友人の建築設計事務所にお勤めで、かれこれ15年位のお付き合いとなります。
一級建築士もお持ちで、日頃はビルなどの構造設計を手がけられています。
ちょうど1年位前に突然当社にお越しになり、家を建てたいとのご相談を承りました。
土地探しから始まり、色々と候補地を一緒に確認しながら家づくりを進めさせて頂きまし
た。土地が決まったのが昨年の夏頃。並行して設計も進めさせて頂きました。
土地の決済が昨年12月でしたので、その後、地鎮祭を行い、実際に工事着工しましたの
は今年の1月からです。

設計は内田さん、現場は草津君が担当します。
今回の住宅は、私たちと同じ建築の仕事に携わっておられるお施主様ですので、
内田さん・草津君も多少やりにくさを感じているかもしれません。。。(笑)
お互いに率直な意見を交わしながら、より良い家づくりを目指し、
S様の納得されるような、思い出に残る、楽しい家づくりをさせて頂きたいと思います。
S様、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

date:2014/04/10 (木)

ページの先頭へ