熊本の住宅会社 三友工務店

熊本の三友工務店は注文住宅(自然素材住宅、木の家、外張り断熱)をはじめ、
リフォーム、増改築、古民家再生を得意とする設計事務所・建築会社です。

トップページ > 社長コラム > 2013年3月アーカイブ

コラム

2013年03月アーカイブ

玉名の家 お引き渡し

先日完成見学会をさせて頂きました「玉名の家」のお引き渡しを行いました。
当日は私が所用で出席できなかったため、稲留副社長が出席致しました。

お引き渡しの様子です。

最後に、初めての出合い〜工事〜お引き渡しに到るまでの写真をご覧頂きました。

玄関の前で記念撮影

最後には完成見学会まで開催させて頂き、本当に感謝しています。
家づくりは、これでひとまず終了致しましたが、
今後とも、末永くお付き合い頂ければ幸いです。
O様ご家族のますますのご繁栄をお祈り致します。

こんな感じのお家でした。

設計コンセプト:下田雅子

      趣味と暮らしを楽しんで
           夫婦仲良く幸せに暮らせる家

お子様も独立され、夫婦2人で暮らす今が旬の家。ご主人様は趣味のバイクを、
奥様は家庭菜園を楽しみたいというご要望があり、ガレージと庭の配置にも
配慮した家づくりです。当初は平屋をご希望でしたが、お子様が帰省された時や、
来客があった時のゲストルームが必要ということで、ロフト感覚の2階を設けました。
廊下や仕切りを極力省いたコンパクトな動線と、ダイニングに設けたパソコンスペースや、
リビングまで見渡せる対面キッチンなど、ご夫婦での会話もはずむ理想のお住まいです。

date:2013/03/30 (土)

ページの先頭へ

熊本県発注の工事入札ランクがA2からA1に昇格しました。

昨日、平成25年・26年度熊本県工事入札参加者資格認定通知書が届き、
A2からA1に昇格致しました。

一般の方には分かりにくいと思いますが、県が発注する公共工事、例えば県立高校や県の
施設関連の仕事をする時は、発注金額に応じてランクが別けられています。
当社はこれまでA2ランクで長年仕事をしてきましたが、次年度から表題の通りA1ラン
クで仕事をする事になりました。
熊本県の地場建設業としては、一番上のランクに資格認定されたことになります。

私としては、元のランクで伸び伸びと仕事をさせて頂きたかったですが、
これまでの実績が認められたのか、一番上のランクに昇格させて頂く事になりました。
これからはA1ランクとして、より大きな仕事に携わることが出来るようになった反面、
並み居る地場大手に交じって仕事をしなければならなくなりましたので、
落ちこぼれないようになお一層の努力をしなければ!と覚悟を決めた次第です。

date:2013/03/28 (木)

ページの先頭へ

2日間に別けて行った棟上げ作業

先日、完成見学会を開催させて頂きました黒髪のお家は、古くから有る住宅街で、
敷地の真上と、敷地の西側に沢山の電線が張り巡らされていました。
しかも前面道路が4mで通行量も比較的多かったことや、敷地内にクレーンを設置するの
がやっとで、材料の仮置き場所も限られていましたので、建て方がより一層難しくなりま
した。

お陰で、上棟作業が難航し、2日間に渡って行いました。
現場は草津君が担当していましたが、かなり苦戦したようです。

クレーンを使って、電線を上手く避けながら資材を上げている所です。
クレーンの操作技術が凄い。まさにプロフェッショナル!!

足場に接するように電線が張り巡らされています。

こんな感じで、道路も4mギリギリ、上部には沢山の電線が張り巡らされています。

終わってみるとごく当たり前に見える建物の光景も、
裏ではこんな苦労がありました。

完成見学会の方は、いつも通り沢山の方にお越し頂き感謝しています。
完成見学会を快く了承して頂きましたF様ご夫婦には心より感謝致します。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

見学会開催中にご近所の方が遊びに来られ、長い時間を掛けて竹で編んだ手作りのストラ
ップを作ってくれました。何だかほのぼのとした風景で、黒髪界隈の人情を感じましたね。


 

date:2013/03/26 (火)

ページの先頭へ

今週土日はF様邸完成見学会(熊本市黒髪)    自然素材×外断熱二重通気工法

今週末の3月23日(土)・24日(日)に、お客様のご厚意により新築住宅の完成見学会を開催
致します。
先々週に続いて、今月2回目の完成見学会です。
今回は熊本市黒髪。

 住宅街でも人目を気にせずのびのびと
明るく快適な2階リビングのお家

設計コンセプト:若松恵子

F様邸は、延床面積43.4坪、日当たりと風通しの良い2階にご家族でくつろぐリビングと
水回りを、1階にそれぞれのプライベートスペースを配置した逆転プランのお家です。
ロフトと繋がる勾配天井のリビングは、外張り断熱によって快適かつ開放感溢れる空間と
なっています。立田山を眺めながらご家族でバーベキューも楽しむことが出来る広めのバ
ルコニーも見どころです。
また、将来的にエレベーターが設置できるよう、先を見据えた間取りとなっているのもポ
イントです。

現場担当の草津君です。

こんな感じのお家です。
自然素材の心地よさをご体感下さい。

床・天井は杉板、壁はEM珪藻土仕上げ。

「完全予約制」
今回の見学会は完全予約制とさせていただきます。
まずは下記のフリーダイヤルかメール、又はホームページよりご予約ください。
折り返し詳しい地図などをお送りいたします。

詳しくはこちら「https://www.sanyu-k.jp/news/images/kk.pdf」をご覧下さい。
今回完成見学会をさせて頂きます、F様のお客様の声などをご覧頂く事が出来ます。
メールでのお申し込みフォームは、こちら「https://www.sanyu-k.jp/seminar/」です。
フリーダイヤルは「0120-146-983」です。

弊社には、営業スタッフがおりませんので、訪問・お電話などの営業行為はしておりません。
安心してお申し込み下さい。
但し、興味本位の方、同業の方はご遠慮下さいね。
たまにいらっしゃいますので、、、(笑)

date:2013/03/22 (金)

ページの先頭へ

くまもと家づくりの本vol20(春夏号)が発行されました。

この雑誌は毎年、春と秋に発行されています。
熊本の住宅関係の雑誌としては一番古く、長く続いている書籍だと思います。
当社が初めて家づくりの広告を出したのもこの雑誌です。

多分、創刊号からお世話になっていると思いますので、
大げさに言えば、三友工務店の家づくりの歴史がこの本に刻まれている、
といっても過言ではないと思います。

その間ずっと、出版社のSさんに担当して頂きました。
私のこだわり(わがまま)に付き合うのも大変だったと思いますが、
色々と的確なアドバイスをして頂きながら、何とか体裁を整えることが出来ました。

先日コラムにも書きましたが、
今回発行された雑誌につきましても、Sさんとの打ち合わせの中で出てきた意見を反映しての紙面構成です。

それは、
「最近、建築家と組んで家づくりを進める会社が増えて来ましたが、ほとんどが社外建築
家との提携。三友さんの場合は、社内に設計スタッフがいて、営業を介さないでお客様と
いつでも直接対応できることが他にはない強みだと思う」という貴重なアドバイスでした。

そのアドバイスに基づき、今回は設計スタッフを中心としたコンセプトでまとめ、
次のような紙面となりました。

こんな和やかな打ち合わせ場面もあれば、
お見せできませんが、お互いにせめぎ合いながらバトルを繰り広げている場面も多々有ります。・・・(笑)

実際はこんな感じで打ち合わせをしています。

そのSさんも随分偉くなられて、当社の相手をするような地位ではないと思いますが、
これまでと変わらず担当してくれることが私には有り難いです。
Sさんには大変感謝しているところです。

ここまでは良かったですが、、、

残念だったのは、当社スタッフの一人の顔写真が入れ替わっていた事です。
原稿チェック段階では間違いなかったのですが、
名前が同じでしたので印刷所で入れ替わってしまったようです。
ちょっとガッカリです。

入れ替わった2人。
本来、工務スタッフの所に入るべき田中さん・・・1級建築施工管理技士。

この写真が、総務・企画・お客様係の田中さんの写真と入れ替わってしまいました。

お陰で、入れ替わった田中さんが明日から現場に行ってきま〜す!との事。
元気なだけに、本当に行きそうなのが怖い!!・・・(笑)

この雑誌は年2回の発行ですので、これから次号(秋冬号)が出るまでの半年間、
総務・企画・お客様係の田中さんが1級建築施工管理技士として書店の店頭に並ぶことになりました。
ご興味がお有りの方は、一度、書店でご覧下さい。

 

date:2013/03/18 (月)

ページの先頭へ